サビトラ20mg

 

 

 

バリフ20mg

 

 

 

 

 

サビトラの特徴(通販井上薬局)

サビトラ(Savitra)を製造しているのは、2003年にインドで設立された製薬会社Sabamedica社です。比較的新しい製薬会社ですが、多くのジェネリック医薬品を販売しており、WHO(世界保健機関)からも認定されています。米国やカナダなどにも製薬工場を持ち、急成長している製薬会社です。既存のサビトラは半錠(0.5錠)から服用できるので、1錠を2錠に分割しても多様な影響を与え、馴染みのある勃起力の印象を持つことができるのです。

勃起は、脳が外的刺激を感じると、勃起神経に指令が出されることで始まります。すると、ペニスに雪崩のように血液が流れ込み、勃起が起こります。同時に、体内では勃起緩和酵素が活性化され、常に勃起がない状態が保たれるようになります。また、熱狂を鎮め、ペニスを正常な状態に戻すのも勃起鎮静化酵素の働きです。サビトラの効果が出るまでの時間はとても早く、個人差はありますが飲んでから15分ほどで効果を実感できる人もいるようです。食事の影響を受けにくいので、使いやすいED治療薬と言えます。

他のED治療薬と異なり、食事の影響を受けにくいため、摂取のタイミングを選ばず、お客様のニーズに合わせて服用することができます。サヴァメディカ社によって開発されたサビトラは、ED治療薬の元祖であるレビトラのジェネリック医薬品です。レビトラと同じ有効成分バルデナフィルを配合し、数あるED治療薬の中でも特に即効性の高いのが特徴です。

レビトラジェネリックの主成分であるバルデナフィルは、PDE5という勃起を抑える働きを阻害する効果を持っています。そのため、PDE5阻害剤とも呼ばれ、ED治療薬に浸透している成分です。サビトラの先発品である「レビトラ」は、ドイツのバイエル社が販売しているものです。歴史あるED治療薬レビトラと同じ有効成分バルデナフィルを、この分量容量で10mg配合しています。

他のED治療薬と違い、食事の影響を受けないので、いつ体内に入れてもパートナーを満足させることができます。EDを克服する効果はどちらの薬もほぼ同じなので、作用を保持する時間の距離で自分に合った処方を選ぶことができます。サビトラの有効成分であるバルデナフィルは、臨床試験でED改善効果が検証されており、10mg錠の成功率は85.3%、20mg錠の成功率は86.4%となっています。いずれの場合もバルデナフィルの勃起不全の症状改善効果は85%以上であることが証明されており、サビトラも同様の効果が期待されます。