トリキュラー21

 

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

ピルの特徴(通販インポーター)

トリキュラーを1年間継続使用した場合の避妊放棄の確率は9%と報告されており、避妊効果は91%以上とされています。性交時に避妊に失敗した場合、アイピルを夜1回服用するだけで効果を発揮します。性交後24時間以内に95%の確率で避妊することができます。低用量ピルなので副作用が和らいでおり、今までピルを飲みにくかった方や初めてピルを飲む方におすすめです。

トリキュラーピルを服用することで排卵を防ぐことができるため、ほぼ確実に妊娠を防ぐことができます。また、月経血の減少や月経痛の軽減、ホルモンの分泌数を動かして月経の回転を上げるなど、確実な効果が期待できます。日本の産院で処方される低用量避妊薬としてはNo.1です。三相性処方で知られる低用量避妊薬で、ホルモン分泌を体の自然な状態に近づけ、体に負担を一切かけないのが特徴です。

妊娠を希望する女性は、ピルの服用を中止すれば、数ヵ月後に再び排卵が始まります。低用量避妊薬によって子宮の状態が良くなり、期待する小さな卵が作られやすくなるので、実際に妊娠を希望する場合は妊娠しやすくなります。副作用としてつわりに似た症状が出ることがありますが、トリキュリルは体格への負担を軽減するように設計されています。ピルに抵抗があるお客様や、ピルに抵抗があるお客様にもおすすめで必要なものです。

ホルモン療法にありがちな吐き気、むくみ、胸の張り、月経以外の不正出血などの副作用が短く、安心してお使いいただけます。トリキュラー(Triquilar)は、黄体ホルモンと卵胞ホルモンで排卵を防ぎ、妊娠を防ぐ低用量ピル(避妊用ピル)です。コンドームは男性に義務付けられた避妊方法ですが、トリキュラーのような低用量ピルは、女性が自分で試すことができる非常に有効な避妊方法です。女性が自分で排泄をコントロールできるため、経口避妊薬による避妊は、他の避妊方法よりも精度が高く、価格も手頃で、妊娠の心配も少なくなってきています。

仮に精子が体内に入ったとしても、すでに妊娠しており排卵が起こっていないため、妊娠はありえない。トリキュラーは体内のホルモンの分布を操作するもので、「私は妊娠しているから排卵する必要はない」という勘違いを継続的に行うため、高い避妊効果が得られるとされています。アイピルは緊急避妊薬なので、速やかに服用しなければならず、老人ホームを訪問したり、調剤薬局でピルをもらったりする時間が命取りになります。

黄体ホルモンは子宮頸管(子宮の扉)の粘液を変化させ、精子が子宮内に侵入するのを防ぐ。摂取を止めると、脳下垂体が卵巣を刺激してもう一回排卵させる。体内のホルモン量を一定に保つため、24時間ごとに服用することが推奨されています。朝の日中、夜間、食前、食後の服用は規定されていませんので、飲み忘れのないように、日頃から決めておいた時間に服用する必要があります。数時間のズレで影響が小さくなることはありません。緊急避妊は、産婦人科でノルレボ錠を処方してもらうよりも、はるかに安い費用で利用できます。事前にアイピル通販で購入し、手元に置いておくと安心です。