レボフレックス250mg(クラビット・ジェネリック)

エルクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

レボクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

 

 

 

 

 

クラビットの特徴(通販井上薬局)

細菌は細胞の分解を増やすが、DNAの複製に重要なDNAジャイレースという酵素の動きを阻害する。これにより、細菌の細胞分解を抑制し、細菌を倒します。クラビットジェネリックの有効成分はレボフロキサシンで、35種類の細菌に有効であることが確認されているNEWキノロン系抗菌剤です。体内で細菌が凝集するのに必要なタンパク質の結合を阻害することで殺菌作用を発揮します。

分泌菌による症状や難治性の接触感染症に有効であることから、従来から治療に用いられてきたオフロキサシン製剤に代わって、クラビットなどのレボフロキサシン製剤が使われるようになってきました。日本では、クラビットは出荷用医薬品として競合することが認められておらず、調剤薬局で類似薬を購入することはできないのです。

クラビットが使用される主な疾患は、肺炎、気管支炎、喉頭炎、扁桃炎、結核などの呼吸器疾患、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎などの耳鼻科疾患、膀胱炎、腸炎などの内臓疾患、尿道炎、副睾丸炎、クラミジア、淋菌、子宮頸管炎などの性器疾患、ペストやコレラなどの接触感染症などです。クラビットは接触感染症の常備薬として人気があります。

クラビットの有効成分はレボフロキサシンです。レボフロキサシンはニューキノロン系抗生物質と呼ばれる種類の薬に属します。レボフロックスやレボキンはクラビットのジェネリック医薬品で、日本でも医療用医薬品として使用されています。クラビットは、内服薬だけでなく、点滴や点眼薬など、さまざまな剤形で使用されています。クラビットは、細菌の増殖に必要なソース酸の生成を抑制することで細胞を破壊します。

クラミジアは、性感染症の中で最も総顧客数が多い病気です。相談者の総数が最も多い日本にも存在する、決して珍しい病気ではありません。そのため、性交の間隔が少ない方でも移される確率が高いのです。クラビット1錠には、ニューキノロン系抗菌薬の中で最も強力なレボフロキサシンが500mg含まれており、従来の薬剤と比較して約2倍の効力があります。

1日1回の服用で強力な効果が得られることに加え、マクロライド系抗菌薬に比べて苦味が少ないため服用しやすくなっています。さらに、ペニシリン系原因菌にアレルギーのある霊長類でも使用でき、それなりに安全な抗生物質として知られています。クラミジアは、日本だけでなく世界でも接触感染率が最も高い性感染症です。クラビットは、女性の子宮頸管炎に92.3%、男性の尿道炎に84.3%の有効性が確認されています。

抗生物質の飲み方にはいくつかの顔があり、1日に数回に分けて体内に取り込むのが効果的な場合と、1日に1回大量に摂取するのが効果的な場合があります。レボフロキサシンは濃度依存性の抗生物質で、1日1回大量に服用した方が効果が高いタイプで、2番目に多いタイプだと言われています。