ロゲイン(ミノキシジル5%)

女性用ロゲイン(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

 

ロゲインの特徴(通販くすりロイヤル)

ロゲインの主成分であるミノキシジルとプロペシアの主成分であるフィナステリドは、別々の角度から同時にAGAを治療するので、互いに干渉し合うことはありません。デュタステリドは、フィナステリドが効かない重度のAGAの治療に有効です。有効成分ミノキシジルを含む世界初の販売用育毛剤で、臨床試験も実施されているスグレものなので安心して使用することができます。

プロペシアなどに含まれる主成分のフィナステリドは、5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害することで、男性ホルモンが原因の抜け毛を沈静化する効果があります。ロゲインの有効成分であるミノキシジルには血管促進作用があり、頭皮の毛細血管を刺激することで頭皮に酸素と栄養が供給され、大きな育毛効果が期待できます。

主成分のミノキシジルには血管拡張作用があり、ミノキシジルを頭皮に塗布することで頭皮の毛細血管が拡張されるのです。頭皮の毛細血管が拡張されると、毛根や毛包周辺の血行が回復し、毛母細胞に栄養が届きやすくなり、発毛や育毛のための栄養がたっぷりと供給されるようになるのです。主な副作用は、塗布部位の発疹、かゆみ、かぶれ、フケ、赤み、時間の不快感、頭痛、めまい、むくみ、体重増加、胸痛、心拍速度の上昇などです。もし、悪い部分が出た場合は、早めに医師に相談する必要があります。

男性用ロゲインはミノキシジルが5%、女性用ロゲインはミノキシジルが2%配合されています。男性も女性用ロゲインを使用できますが、男性用ロゲインより効果が劣るので注意が必要です。育毛剤の中には、特に頭皮がベタベタして落ち着かないというものがあります。有効成分をより顕著に頭皮に付着させるために、べたつき成分を使用することが多いのですが、そのために髪の弾力性に違和感を覚えることがあります。ロゲインは、使用後の感触が軽く、嫌味のない爽快感があります。

日本では大正製薬が「リアップ」という商品名で同じロード成分ミノキシジルを配合した育毛・発毛のためのAGA治療薬を販売しています。ミノキシジルを5%配合した「リアップX5」と「ロゲイン」は同等の効果があります。髪の毛は1ヶ月に1cm程度しか伸びないので、個人差はありますが、最低でも3ヶ月、6ヶ月以上ロゲインを使い続けないと育毛・発毛の効果は実感できません。ロゲインの継続使用により、即効性を実感しているユーザーも多くいます。

ロゲインを頭皮に擦り込むことで、塗布した部分の毛細血管を進化させ、血流を改善させます。外用薬であるロゲインは、内服薬であるミノキシジル(ミノキシジルタブレット)よりも副作用のリスクが小さいというメリットが推奨されています。ロゲインに含まれるアルコールやプロピレングリコールは、有効成分ミノキシジルの効果を悪化させる作用があることが分かっています。