プロバンサイン

プロスパス(ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロバンサインの特徴(通販薬局最安値)

プロバンサインは、抗コリン性鎮痙剤として知られる、ファイザー株式会社が日本で製造し、販売している年代物の記念すべき医薬品です。日本では1953年から承認され、多くの方に処方されています。プロバンセインは、神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを抑えることで、おなかの痛み、夜尿症や尿失禁、多汗症などに効果を発揮する抗コリン薬です。

プロバンサインの有効成分である臭化プロパンテリンは、抗コリン作用(アセチルコリンが受容体に結合するのを阻害する作用)により、発汗を抑制します。溜まった汗や強制的に開始される汗の指令を抑制することで、多汗症を改善します。市販の制汗剤よりも効果が高く、汗をたくさんかくお客様でもその影響力を実感し、存在感を示しています。手術で汗を止めるつもりだった人がプロバンサインを試してみて、症状が改善されたケースもあります。

プロバンセインは薬局で購入できる他の製品とは異なり、額だけでなく手のひらや局面、全身の発汗を抑えることができる内服薬です。
プロバンセインは局所だけでなく、全身の多汗症にも効果があり、それが人気の理由となっています。多汗症に効果がある仕組みは、神経交換であるアセチルコリンの結合を抑制することです。副作用として、目のかすみや眠気が起こることがあります。思わぬ悲劇を防ぐためにも、プロバンサイン錠を服用している時は、頭上作業や車の作業、死にかけの機械の操作などは避けるようにしましょう。

プロバンサインは多汗症に効果的です。多汗症とは、頭、顔、わきの下、手のひら、歩き方の後ろなどに過剰な汗をかき、日常生活に支障をきたす症状です。思春期に発症するケースが多く、自律神経の不調が最も大きな要因であると考えられています。汗腺を刺激して汗をかき始める作用を抑え、過剰な開始汗を抑制することで、ワキ汗の症状も一時的に抑えることができます。多汗症やわきがを元から健康にするためには外科的な治療が一般的ですが、一時的にでも症状を緩和させることは有効です。

プロバンサインは、有効成分である上陣バンテリンにより、汗をかく指令を出す通信体であるアセチルコリンの効力を抑制する効果があります。ここでも自律神経遮断作用が働き、筋肉の緊張を緩め、発汗量の増加や中途半端な排尿を防ぐことができるのです。

プロバンサインの有効成分であるバンテリンは、体内の生理的な分泌を抑制することで、多汗症に有利に働くと言われています。全身への作用に関わらず持続時間は5時間と言われており、服用してから長い間、その威力が発揮されないのが特徴です。プロバンサインの有効成分であるプロパンテリンは、前交感神経の物体であるアセチルコリンとアセチルコリン受容体の結合を阻害し、前交感神経の負担を軽減させる作用があります。アセチルコリンを阻害するため、抗コリン薬とされています。