トリキュラー21

 

 

 

ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

フェミロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

トリキュラーの特徴(通販net窓ロ)

トリキュラーは、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを有効成分とする低用量ピルです。赤・白・黄色の錠剤を順番に服用することで、女性の生理的なホルモンの動態に合わせた三状態投与により、避妊効果を目に見える形にしたものです。低用量ピルには多くの種類があり、それぞれ黄体ホルモンの配合量や用法が異なる。低用量ピルの代名詞といえば、「トリキュラー」「アンジュ」「マーベロン」「ヤーズ」です。アンジュはあすか製薬から発売されている低用量ピルで、トリキュラーと同じ成分です。仕入先が違うだけで、効果や副作用はほぼ同じです。

摂取開始から1日目6個、7個を超えて1日目1個、12個以降は21日おきに体内に取り込む錠剤の種類が変わることを期待して、飲み間違いのないように注意する必要があります。トリシクラーに含まれるエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンが、妊娠のメカニズムに逆らって働きます。エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが優位になると、体内のセンサーが反応し、ホルモン分泌を調節する視床下部に向けられます。視床下部が「もっと女性ホルモンが欲しい」と理解すると、性線力の源であるホルモンの分泌を軽くすることができます。

また、生理不順や生理痛などの月経の悩みを軽減する場合にもトリキュラーは有効です。トリキュラー®は、生理不順や生理痛などの月経不順の軽減に効果があります。トリキュラー®」は、避妊作用のほか、生理不順の改善や生理痛の抑制にも効果があり、女性の天敵である肌荒れやニキビにも優れた効果を発揮することが人気の理由となっています。日本でトリクロン製剤が検討されたのは1999年のこと。以来、ほとんどのマタニティクリニックやレディースクリニックで取り扱われていることが想定されます。

副作用として、むくみや吐き気など、つわりに似た症状が思い浮かぶかもしれませんが、トリキュラーは健康への負担が少ないように設計されています。また、ピルが苦手な方や抵抗がある方にもおすすめです。日本での個人輸入では、「トリキュラー錠21」とこの雑貨で最も人気のある低用量ピルです。お金のことを考えた良心的な価格で入手しやすいのが特徴です。

トリキュラー(21錠)は、バイエルシェー結婚指輪・ファーマの公式クリエイト資格を取得したザイダス・カディラ社製の製品です。日本で処方されているトリキュラー錠とは異なり、シンプルな内容の製品です。成分や効果は同じですので、安心してお買い求めいただけます。排卵を阻害することで卵子と精子の出会いを阻害し、子宮内膜(子宮の内膜)を阻害することで羽毛床を阻害し、子宮頸部を阻害することで頸管粘液の粘性を高め、精子の子宮腔内への参加を阻害します。これらの作用により、非常に高い避妊効果を発揮します。

トリキュラーは、月経周期を28日に調整するため、毎月の生理の予定が立てやすくなっています。外出などで生理が重なりにくい場合でも、トリキュラーを服用する日を更新することで、簡単に生理をずらすことができます。トリキュラー21は低用量ピルで、少量のエストロゲンとプロゲステロンを含む女性ホルモン製剤です。女性が自分で月経や妊娠をコントロールし、ムクミに頼らず手軽にできる経口避妊薬です。避妊効果に優れ、正しく服用すれば避妊率が100%に近くなると報告されています。