アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジーの特徴(通販井上薬局)

アジーは先発薬のジスロマックと同じ成分を含んでいるので、効果も同じ程度です。副作用は少ないといわれていますが、人によっては下痢や嘔吐、お尻まわりの痛みなどでご連絡をいただくことがあります。発熱やかゆみ、体の脱力感など明らかな異常を感じた場合は、すぐに服用を中止し、医師の診察を受けるようにしてください。

アジーは、シプラ社が販売しているジスロマック錠(ファイザー社)の一般名です。シプラ社はインドに本社を置く製薬会社で、大手ジェネリック医薬品店メーカーとして知られています。アジーは、インドを代表するジェネリック医薬品メーカーであるシプラ社が製造しており、その合法性は有効であると言えます。

アジーの主成分であるアジスロマイシンは、体内の炎症に凄く作用して、マイコプラズマ肺炎やインフルエンザなどの呼吸器系接触感染症、尿道炎や子宮頸管炎などの性器の炎症、クラミジアや淋病などの性感染症、歯周病などに効果があります。重ねて、何度やっても変わらない効果的な時間もアジスロマイシンの特徴です。

有効成分としてアジスロマイシン250mg、500mg、1mgを含有し、蛋白質の合成を阻害し、細菌の増加に必要な蛋白質の合成と増殖を抑制し、循環器系細菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌など多くの病気の引き金になると期待されています。また、抗菌・殺菌作用があり、循環菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌などの細菌によって引き起こされる多くの疾患に取り込まれる可能性があります。

クラミジア治療薬として最初に決定したジスロマックは、500mg錠のみで、1回に2錠の服用が必要です。1,000mg錠で販売されているアジーの場合、これはさらに1回の摂取頻度だけでクラミジアの治療が可能です。有効成分のアジスロマイシンは、抗生物質の一種に含まれ、性病を含む多くの細菌に効果があります。主にクラミジアや淋病、梅毒に悩む方に注目されているお薬です。アジーは服用することで、体内の細菌の増殖を和らげたり、細菌を死滅させたりして、症状を改善させることができます。

菌に取り込まれた有効成分がタンパク質の合成を阻害することで、菌の増殖や繁殖を防ぐことができます。もう一度、患部(炎症部位)に好中球が結集するのを防ぐことで、痛み、腫れ、赤み、発熱などの症状をチェックする効果があります。アジーは、抗菌スペクトルが広く(抗菌作用の範囲が限定的)、疾患部位に吸収されやすく、効果が持続することがセールスポイントです。

アジーはジスロマックのジェネリック医薬品で、細菌性接触感染症の症状を精緻化する効果があります。ウイルスや真菌による接触感染症には使用されませんが、クラミジアや淋病などの性感染症、気管支炎や歯周病などの治療に適しています。

アジーはジスロマックのジェネリック医薬品であるため、割安で購入することができます。ジェネリック医薬品は先発医薬品の後に分泌されるため、作成コストを有利に抑えられ、医薬品自体の価格を下げることができるのです。さらに、通販で購入できる個人輸入代行サイトのサービスも大きいです。クラミジアに対するジスロマックの効果は、ジスロマックを使用した108例で確認され、90.7%の患者にクラミジア症状の改善がみられました。