ゼニカル(オルリスタット120mg)

オルリファスト(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ゼニカルの特徴(通販net窓ロ)

ゼニカルの飲み方は、脂肪分の多い食事中に飲むだけです。主成分のオルリスタットが、使用した脂肪分を体が理解するのを抑制するため、簡単ではない食事制限をする必要がありません。脂肪の摂取量を最大30%カットすることが確認されています。人間の体は、脂肪を派生させるために、脂肪を細かく分解した後に吸収されます。その際、受け流すことができないのが「リパーゼ」という酵素です。

ゼニカルを服用することで、体内にしみ込んだ脂肪だけが抑制され、便と一緒に体外に流すことができるのです。ジェネリック医薬品とは、先発医薬品と同程度の効能を持ちながら、先発医薬品よりも安価な価格で選択できる医薬品のことです。ゼニカルをより手頃な価格で購入したい場合は、ジェネリック医薬品を選択することで合理化することができます。ゼニカルを低価格で試したいお客様には、ゼニカルのジェネリック医薬品がおすすめです。

ロシュ社によって開発され、1998年に発売されたゼニカルは、他のダイエット薬や栄養補助食品とは根本的に異なる、唯一無二の太り過ぎ治療薬です。ゼニカルは、油っこいものが好きな人、関係ないものをたくさん食べてしまう人のダイエット補助薬としておすすめです。砂糖は1グラムあたり4キロカロリー、脂肪は1グラムあたり9キロカロリーです。カロリーは脂肪分が圧倒的に多く、1グラムあたり6.3kcalで、糖質とほぼ同じです。

ゼニカルが効果を発揮すると、摂取した食事に浸透する脂肪の暴飲暴食の影響を受けず、結果的に吸収される脂肪の量が30%減少するのです。通常のダイエットの範囲内であれば、これだけでもかなりの痩身効果が期待できます。脂肪が全身に浸透するためには、消化され、栄養価の高い成分に分解される必要があります。この解体作業を行うのが「リパーゼ」と呼ばれる酵素で、リパーゼは脂肪食が体内に吸収される際に大量に生成されます。ゼニカルの有効成分であるオルリスタットは、リパーゼの自然な働きを抑え、体に脂肪がつくのを防ぐ効果があります。

日本ではまだ未承認の薬なので、個人輸入などの通販を利用して調達するのがおすすめです。ゼニカルは、肥満の解消に加え、体を守ることを目的とした肥満治療薬です。オルリスタットを主成分とした脂肪蓄積抑制剤に分けられる抗肥満薬で、脂肪量の把握を抑える働きがあります。2ch(5ch)やTwitterなどでは、「ゼニカルで痩せる」「本当に痩せる薬」「絶対痩せる薬」「酔うだけでシェイプアップする薬」「本当に効果抜群のダイエット薬」と呼ばれ、話題になっているようです。

ゼニカルの有効成分オルリスタットは、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを抑え、体内で消化できる脂肪を吸収させずに体外に押し出す作用があります。ゼニカルは、美容クリニックや美容関連クリニックなど、民間医療を充実させているクリニックで購入できるほか、Webなどで輸入することも可能です。