プラセントレックス(ヒトプラセンタジェル)

 

 

 

トレチノインジェル0.1%

 

 

 

 

 

ヒトプラセンタの特徴(通販窓ロ)

ヒトプラセンタジェルは、高級感のある化粧品表現と、汚れ・シワ・美肌・ハリ感・潤い・美白などオールラウンドな効果を持つ美容ジェルです。日本では流通していない、優れたヒト由来プラセンタを贅沢に配合しています。海外では販売されており、ニキビ跡や火傷などの異常手術跡の治療目的で存在し、しみ、そばかす、肌のたるみ修復などの美容目的でも多くの方が使用されている商品です。

有効成分であるヒトプラセンタを肌に塗布すると、新しい表皮の生成を活性化し、肌の代謝サイクルを正常な状態に戻す効果や、抗酸化作用による胸焼け防止効果が期待できます。また、ヒトプラセンタには、乾燥肌対策やシワを予防する力も期待されています。ヒトプラセンタジェルの有効成分はヒト由来のプラセンタで、日本で販売されている特定保健用食品のように牛、豚、羊、馬由来ではなく、現代のヒト由来のプラセンタを1gあたり0.1g含んでいます。

ヒトプラセンタジェル(プラセントレックス)は、インドの有名な製薬会社であるアルバート・デビッド社(Alviagardent David)が製造・販売しているものです。製薬会社が大量に出現するインドでは、上位にランクされる大企業です。高価なボディケア製品を使用していた女性たちが、このプラセンタジェルに変えてから、肌が滑らかになり、ふっくらとして、化粧のりが良くなったという報告があります。

プラセンタとは、哺乳類の胎盤から有効成分だけを抽出したエキスのことです。胎盤には、胎児が受け取って成長するための栄養素が豊富に含まれており、その栄養素が肌に与える影響は絶大です。ドラッグストアや薬局で販売されているプラセンタ商品は、人の胎盤ではなく、牛・豚・羊・馬由来の健康食品であり、可愛らしさは期待できません。

プラセンタは哺乳類の胎盤に含まれるため、母親の子宮腔内に配置された五官で、母親と胎児のへその緒の接点となる。胎盤は、胎児の発育に必要な酸素や栄養を供給するほか、造血液やタンパク質の合成、ホルモン分泌などを行い、さらに母体に有害な物質を送り込む役割も担っている。一般的に「更年期に良い」「冷え性に良い」「貧血にOK」「美容に問題ない」「妊活に良い」「健康に良い」などと言われています。

ヒトプラセンタジェルは、有効成分として高品質で高価なヒトプラセンタを使用しています。ボディケア製品に配合されるプラセンタは、豚や馬由来のものが一般的です。日本では、ヒトプラセンタを配合した製品は、注射薬にしか認められていません。ヒトプラセンタには、若返り、美容美白、保湿、ニキビ肌や敏感肌の補助、故障痕の治癒など、多くの美肌効果が謳われています。

ヒトプラセンタジェルは、ほとんどの人が副作用を起こすことなく、安全に使用することができます。ただし、日本で認可されているプラセンタ(ラエンネック)由来のものは、発疹、発熱、かゆみなどの過敏症の副作用があることが報告されています。肌荒れしやすい方、アレルギーをお持ちの方は、注意してご使用ください。