フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンペシアの特徴(通販キングダム)

フィンペシアはプロペシアのおよそ1/7の値段で購入することができます。フィンペシアは、すでにフィナステリド製剤を使用しているけれど、できるだけランニングコストを抑えたいという方にお勧めのAGAジェネリック医薬品です。永久投薬が認められているAGA治療において、フィンペシアとプロペシアの費用を比較すると、投薬6ヶ月で27,900円、投薬3年で16,9,725円と単価に差が出ます。

投薬3ヶ月で発毛効果が出始める患者様もいらっしゃいますが、発毛の力を実感できるまでには、通常6ヶ月に一度の激しい収入が必要です。その効果も顕著で、長期間服用を繰り返した方の9割以上が、脱毛経路の抑制や成熟した結果の広がりを実感し、明らかに発毛効果を実感しています。20代前半からフィンペシアの服用を始める男性も少なくないそうです。

ミノキシジル配合の外用薬や内服薬(ミノキシジル錠)を併用することで、「抜け毛の回避」と「発毛の促進」という2つの効能をセットで得ることができるのです。既存の3ヶ月の報酬を越えて、今日明日と6ヶ月間投与することで効果が認められることが多いと言われていますが、個人差があることを予め理解しておく必要があります。なるべく長く治療を続けることが大切です。

フィナステリドによる男性型脱毛症の治療は、薄毛を要因として治療するものであり、毛髪の成長サイクルを完全に乱すには最悪でも6ヶ月は必要なのです。そのため、治療にかかる費用は数え切れないほどで、安価なフィンペシアを使用することで、何年もかかるAGA治療の費用を大幅に削減することができます。フィンペシアで2型5αリダクターゼの活性を抑えることで、DHTが生成されるのを防ぐことができます。毛母細胞を保護し、抜け毛の進行や髪のスカスカを防御するのです。

以前はフィンペシアにキノリンイエローという添加物が使用されていましたが、現在はキノリンイエローフリー製品が主流となっています。キノリンイエローフリーのフィンペシアは、緑色のケースと赤色のケースがあります。いつでも飲める薬なので使いやすく、3ヶ月~6ヶ月に一度の継続使用で有用性が実感できます。個人差はありますが、最低でもトータルで3ヶ月は服用を続けていただくことをおすすめします。長く続けることで、より高い効果が期待できます。

フィンペシアは、インドの製薬会社シプラ社が提唱するプロペシアのジェネリック医薬品です。フィナステリドは、皮脂で滞った頭部の皮脂分泌を抑制する有効性があると言われており、頭部の血行を促進し、より髪を活性化させる効果が期待できるそうです。髪が少ないのは遺伝的な要因もあるが、頭から分泌される5αリダクターゼの量も関係している。分泌量が多いとDHTの生成量も増え、毛髪不足に直結する可能性があります。そのため、遺伝によるハゲをあきらめていた方にも、フィンペシア1mgは効果的といえます。