ツゲイン10(ミノキシジル10%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ツゲインの特徴(通販井上薬局)

ツゲイン10%(ツゲイン10)は、育毛剤リアップ、ロゲインのジェネリック医薬品です。有効成分であるミノキシジルを10%配合しており、通常のリアップの10倍となっています。ジェネリック医薬品なので価格は安く、希釈して使用するとさらに割高になります。ミノキシジルが主成分で、頭皮に楽々スプレーしてマッサージするように揉み込むことで、毛根を刺激すると同時に頭皮内の血流を促進させる効果があります。頭皮に直接スプレーして揉み込むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬なので、初めての方でも無理なく使用することができます。

髪は2~6年かけて丈夫に成長しますが、成長期の長さが短くなるため、髪の幅が狭くなったり、短くなったりします。スピーディーな方法には、20代の頃から症状が進んでいる方も含まれます。ミノキシジルは弱った髪の成長を促進します。しかし、ツイジェンは女性でも借りることができ、性別に関係なく髪の少なさに悩む人たちから高い支持を得ているのです。

ツゲインの作用が明確になって髪がふさふさになったとしても、発毛効果を守るためにはツゲインの使用を継続する必要があります。使用を中断すると効果がなくなることを期待して、ツゲンの継続使用をお勧めします。ミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬として作られた内服薬です。しかし、発毛・育毛効果があることがわかり、現在では主に外用薬のジャンルで髪のスカスカの治療薬として取り入れられて留まっています。

ツゲインに含まれるケラチンは、毛母細胞に含まれるタンパク質の一つで、育毛に欠かせない成分です。このケラチンの働きにより、猛烈に成長する髪にツヤとコシを与えることができるのです。ツゲインは、シプラ社(インド・ムンバイ)製の男女兼用育毛剤で、薄毛や育毛に効果があるリアップ(日本)やロゲイン(米国)のジェネリック医薬品です。

ツゲインに必要な有効成分ミノキシジルは、日本では育毛剤としてすべて認可されている医薬品です。同じようなAGA治療薬であるフィナステリドやデュタステリドが、髪の成長が少ない原因となる男性ホルモンを抑制するのに対し、ミノキシジルは髪の成長そのものを促進する薬なのです。ツゲンの有効成分であるミノキシジルは、頭皮の血管を伸ばすことで血流を増加させます。これにより、脱毛の原因となった毛髪の成長サイクルを失った毛母細胞を活性化し、毛髪の成長サイクルを正常な状態に戻すことができます。

日本表皮学会のガイドラインでも、脱毛症の治療にはミノキシジルの使用が推奨されており、第1類医薬品にあたります。臨床試験では、ミノキシジル5%の投与により、4週間後に軽度の発毛減少が発現しました。さらに投与すると、8週間後に10%、12週間後に60%、24週間(6ヶ月)後には90%以上のクライアントに乏しい毛髪の進行が認められました。トゥゲインは、シプラ社が製造するAGA(男性型脱毛症)再診療用治療薬です。日本でもおなじみのロゲイン(リアップ)のジェネリック医薬品で、ロゲインと同じ成分なので、安価に購入できるだけでなく、事故防止や同じ効果も期待できます。