ウィンゾロン10mg(スタノゾロール)

 

 

 

アナドリン10mg(オキサンドロロン)

 

 

 

オキシポロン50mg(オキシメトロン)

 

 

 

 

 

ウィンゾロンの特徴(通販スタック)

ウィンゾロンの有効成分は、蛋白同化ステロイドの一種であるスタノゾロールです。体内のタンパク質の仕上げ合成を促進し、脂肪を増やさずに短期間で効率よく筋肉を塗ることができます。スタノゾロールは、筋力アップに関して有効性が不足していますが、進行中の筋肉を維持しながら痩せるときに有効な蛋白同化ステロイドと言われています。

女性の筋肉のアップのための優秀なステロイドであり、スタノゾ ロールは実際のボディービルのコンサートで取るために女性のビルダーのための人気のあるステロイドです。筋肉をセットアップしたい女性におすすめです。ウィンゾロンの有効成分であるスタノゾロールは副作用が少ないと言われていますが、スタノゾロールのようなステロイドホルモンは、自発的な男性ホルモンの集合モードを減少させます。そのため、全く摂取しないことは男性仕様の冷却につながり、EDなどの原因になることもあります。

マウスを用いたイギリスの探索では、スタノゾロールを投与したメスマウスで、筋肉量とタンパク質合成の増強効果が確認されました。また、タンパク室が分離される薬物コルチコステロンを投与した雌雄マウスにスタノゾロールを使用すると、筋肉の分解が停滞することが確認されました。ダイエットなどの減量時にスタノゾロールをパックして服用すると、筋肉の減少を防ごうとする効果が期待できます。

ウィンゾロンは、西植物製薬が販売する筋肉増強剤。強力な筋肉を媒介する蛋白同化ステロイドが含まれています。それは蛋白質成分の体の生合成を刺激し、筋肉量の短期、集中的な増加を可能にします。ウィンゾロンは、その実績のある筋肉増強効果と急速な影響の開始によって特徴付けられます。さらに、アナボリックステロイド特有の副作用である「男色化」が起こりにくく、女性アスリートにも支持されています。

女性がウィンゾロンの有効成分であるスタノゾロールを使用すれば、痩身時の筋肉量を維持できるだけでなく、実用的な筋肉増強効果も期待できるのです。車体づくりをレジャーとする人にとって、要するに「立派な筋肉」を獲得することです。ダイエット中に、筋肉を落とさずに守りたい方にとっては、貴重な存在です。筋肉を維持しながら脂肪を失うしたいクライアントのため、手間をかけずに筋肉を添付したい女性のための推奨ステロイドです。有効成分のスタノゾロルは、類似薬に比べ副作用が少ないと言われています。

ウィンゾロンは、筋肉を鍛えたい男性の使用はお勧めしません。多くの場合、男性が「筋肉量を維持しながら痩せたい」という目的で使用されます。3年、40年と飲み続けると肝臓に負担がかかり、肝障害を起こす可能性も否定できません。シリマリンやウルソデオキシコール酸と想定されるものは、肝臓を守る力のある成分を摂りながら戦うのが良い方法です。