グルコバイ50mg(アカルボース)

 

 

 

ザモカル(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

グルコバイの特徴(通販 もえ薬局)

グルコバイ(Glucobay)は、食後血糖値の上昇を抑える薬です。食事に含まれる糖質の吸収を遅らせ、急性期の血糖値集計の上昇を抑えることで糖尿病の治療に使用されます。グルコバイの作用は、食後の血糖値の数値の上昇を緩やかにし、糖分をより効率的に精神エネルギーに置き換えることができるようにすることです。

食後の血糖値上昇を抑制する実効性と、ぽっちゃり体型を改善する間接的な効果により、糖尿病を総合的に改善する薬剤となっています。また、日々の血糖値の数値が適切に調整されない場合に起こりうる様々な合併症を予防することができます。グルコバイは、食後の血糖値の上昇を抑えるお薬です。主に糖尿病患者さんの食後の過剰な血糖値の再確認に使用されます。ただし、食事療法や運動療法で無数の血糖値を取り除くことができず、しっかりとした血糖値調整ができない場合にのみ使用されます。

食後の血糖値上昇を抑制する効果があり、食事療法の補助として反映されます。炭水化物のブドウ糖への分離を阻害し、血糖値の上昇を抑制します。単体では効果が薄いとされているため、SU剤など他の糖尿病治療薬と併用されることが多いです。グルコバイは、糖分を強制的に消化・記憶させる効果があります。食後の血糖値の急激な上昇を抑制する手段として、糖尿病食離脱時の過剰血糖の改善を目標に使用されます。

有効成分アカルボース(Acarbose)は、小腸の粘膜微絨毛に存在するグルコセントラーゼや膵液・唾液中のαアミラーゼなどの酵素を阻害し、食後の段階的ではない血糖値の上昇を抑制することをソフトに示している。他の糖尿病治療薬と異なり、インスリン分泌の拡大や浸潤を改善するのではなく、小腸に存在するα-グルコシダーゼという酵素の働きを阻害することで、使用される糖質をマイルドに抑制する。副作用としては、腹部膨満感や鼓腸、オナラの倍増、軟便の頻度の増幅、下痢、腹痛、便秘などがあります。重篤な副作用として、低血糖、腸閉塞、肝機能障害、黄疸の発現などが考えられます。

臨床試験では、グルコバイ100mgを1日3回食直前に服用することで、食後2時間後に測定した血糖値および空腹時の血糖値の合計を有意に低下させました。という結果が得られています。インスリン分泌を促進する作用はないものの、血糖値の上昇を抑えることで膵臓への負担を軽減する作用があります。このような作用機序から、アカルボースは「α-グルコシダーゼ阻害剤」と呼ばれることもあり、またその臨床効果から「食後過血糖の再チェック薬」と呼ばれることもあります。

アカルボースは、1973年にドイツのバイエル社によって考案されました。小腸の粘膜に存在するα-グルコシダーゼという酵素は、ご飯に含まれる砂糖や炭水化物をブドウ糖に分解する働きがあり、これが高血糖の原因となっています。