クロミッド・ジェネリック(Klomen 50mg)

 

 

オキシポロン50mg(オキシメトロン)

 

 

 

メダナボル10mg(メタンジエノン)

 

 

 

 

 

クロミッドの特徴(ワールド通販)

クエン酸クロミフェンには、抗エストロゲン(抗女性ホルモン)作用があります。体内に取り込むことで、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)を分泌させることを目的としています。FSHとLHの分泌により、卵巣が刺激され、排卵が誘発されます。体への受け止め方は少ないとされていますが、注意すべき副作用もあります。薬の効果が強くなりすぎると、まれにですが卵巣が腫れて痛むことがあります。下腹部の痛みに気づいたら、医師に申し出てください。その他、頭痛、吐き気、疲労感、イライラ、視覚症状と思われるものなどが報告されています。

クロミッドは排卵を誘発し、妊娠しやすい状態を作ることができるため、排卵障害による不妊に悩むお客様や、妊活をしてもなかなか妊娠しないお客様に人気のあるお薬です。脳の視床下部から卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)が供給され、問題を克服しますが、視床下部でコントロールされているエストロゲンが重要な役割を担っています。

日本では、クロミッドの商品名である排卵誘発剤が専門医から処方されます。1容器50錠と同じ有効成分であるクロミフェンクエン酸を配合した製剤で、クロミッド100錠が必要です。クロミフェン製剤による排卵連鎖反応治療は、一般に成分量50mgの下剤から開始し、効果がなければ最大100mgまで増量する。クロミッドにはクロミフェンが100mg含まれています。クロミッドは、以前にクロミフェン製剤による治療を受けたことがあり、より長い期間、容量による治療が必要な方に有用です。

クロミッドは、不妊症の治療で使用される、不妊症(排卵回転数ゼロ)に悩む女性のための排卵誘発剤です。排卵誘発剤の有効成分であるクロミフェンは、まず脳の視床下部という部分に作用し、排卵を誘発します。視床下部でGnRHというホルモンの分泌を促し、下垂体での卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体形成ホルモン(LH)の分泌量を増やします。となります。

クロミッドは、1961年にアメリカのメレル社(現サノフィ・アベンティス社クラス)が組成した排卵誘発剤クロミッドの後発品です。有効成分としてクエン酸クロミフェンを含んでおり、摂取することで排卵を誘発し、不妊治療に明確な効果を発揮します。排卵誘発剤の有効成分であるクエン酸クロミフェンは、エストロゲン拮抗作用により卵胞捕捉ホルモンの分泌を促進する作用があり、排卵誘発剤を服用することにより、卵胞捕捉ホルモンの分泌が促進されます。

クロミッドは新薬に比べて超安価なため、使い方やネットブログ、2ちゃんねるなどでも話題の薬とされています。エストロゲンが少ないと卵胞負荷ホルモンが多くなり、卵胞が育ちます。排卵誘発剤は、卵の成長を促し、やめるまで内服すると排卵が抑制されるため、体外受精の際に自然排卵を減らすなどの目的で使用されます。