ヤスミン(ヤーズ配合錠)

ヤズ(ヤーズ配合錠)

 

 

 

 

 

ヤーズの特徴(通販ソーシング)

ヤーズは、月経困難症やPMSの緩和、経口避妊薬として有効です。ヤーズは、服用することで体のむくみを解消する効果があり、避妊薬としての効果とは異なり、月経前や月経時の不快な症状を緩和することができます。ヤーズに含まれるエチニルエストラジオール(卵胞ホルモンの一種)とドロスピレノン(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンが、子宮内膜から分泌される古いスタグランジンの分泌を抑えます。

日本の医療機関で処方されている「ヤーズ配合錠」は、バイエル薬品株式会社が製造・販売する全国共通の特約品です。黄体ホルモンの有効成分として、ドロスピレノンを使用しています。超低用量ピルにおける最大のメリットは、PMSと呼ばれる月経前症候群の症状を大幅に軽減させる効果があることです。わずか2種類の女性ホルモンを副腎皮質刺激することで、脳下垂体は女性を妊娠状態にあるとみなし、ピルは排卵を抑制し、子宮内膜生殖(受精卵装着・床維持)を抑制し、頸管粘液あたりの粘性機会を変えて精子の子が頸管内に入らないようにして、効果的に避妊できるようにします。

ヤーズはエストロゲンの配合量が少ないため、副作用が少なく、女性に優しい愛されるピルです。ヤーズの効果は、ほとんどの場合、服用を開始して1週間以内に発揮されます。ヤーズの服用を開始した時点から、月経の周期が変化します。月経困難症の軽減と避妊効果の発現に、ヤーズの影響が重なります。また、副作用の軽減だけでなく、ヤーズの抗アンドロゲン作用はニキビを補助することも分かっており、使用した女性の多くが改善を実感しています。

バイエル社のヤーズは、薄っぺらい副作用に大きな手応えを感じている製品です。シップや病院、クリニック、ドラッグストアなどで処方されるヤーズ配合錠よりも、ジェネリックのヤーズをWEBの通販で購入する人が増えているようです。ヤーズには2つの有効成分が含まれています。卵胞ホルモン(エストロゲン)のエチニルエストラジオールが0.03mg、黄体ホルモン(プロゲステロン)のドロスピレノンが3mgです。

低用量ピルは、避妊を目的とし、月経量に合わせて1999年から販売されています。現在、低用量ピルは医療現場で積極的に使用されており、女性にとって手頃な価格のはい薬となっています。日本では2010年に大量生産が認可されたため、国内の婦人科やレディースクリニックで入手できるほか、個人輸入も可能です。

日本で処方される薬なので、落ち着いて安心して服用することができます。ヤーズは製薬会社バイエル社の製品で、国内外を問わず使用でき、個人輸入も可能です。子宮内膜の厚さは、月経痛やそれに伴う出血にドンと由来があるのだそうです。子宮内膜の増殖を抑える効果が解明されたことで、ヤーズは生理痛や出血を大幅に抑止することが分かってきました。