トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

トラセミドの特徴(エージェント通販)

トール(トラセミド)は、フロセミドの後に発売された成分で、低位血症の副作用が出にくいことが知られています。現在は個人用降圧剤の対象外ですが、強力な利尿作用があるため、いよいよ手に負えなくなる可能性があります。トールは、体質的にむくみやすい現代人や、腎機能の低下でむくみやすい人に有効です。

ループ利尿薬は、電解質四分の一のカリウムが飲料水とともに便中に排泄されるため、低カリウム血症を誘発することがあるが、有効成分のトラセミドはカリウム排泄抑制作用(カリウム節約作用)を考慮すると、低カリウム血症出発のリスクは低いと考えられます。浮腫の治療薬として導入されたループ利尿薬(腎内容物のハレーションがなく、低カリウム血症の副作用が少ない)であり、トールの主成分であるトラゼミドは尿とともに体内の有害物質を排出するため、高価な毒素排出効果があります。

前身薬であるルプラックは、血圧を下げる作用(降圧作用)があるため、高血圧の治療に用いられることもある。トールは、心不全、肝不全、腎臓病などによる全身のむくみの治療に使用されます。また、浮腫の緩和にも使用されます。浮腫に対するトールの投与量影響も、他の薬剤のおよそ10倍とされています。トラセミドは、体内にまだ残っている水分を放出する利尿剤で、顔面やアクセスルートの浮腫を改善する働きがあり、ラシックスよりも適正が強いです。

トールは、有効成分トラセミドを含有するループ利尿薬で、優れた利尿作用があります。腎尿細管にあるヘンレのドミノ倒立部位(ヘンレの蹄)に作用し、浮腫(むくみ)や高血圧の原因となる体内の未使用水分の排出を促します。トラセミドは、水分の滞留によって起こる心臓などの臓器を焼き切るため、心不全や交通機関のむくみ、血圧の上昇など多くの病気の治療に世界中で使用されています。

医療用医薬品としても使用されており、同種の医薬品として利尿剤で有名なラシックス(フロセミド)があります。作用時間が長いことでも知られており、最高の味方や相のむくみに悩むお客様におすすめです。トールは腎臓に作用して、水分を尿として排泄させる必要があります。使われなかった水分を体外に排出することで、むくみを再確認することができます。

ラシックスで主張されているのは、他のループ利尿剤はカリウムが長続きせず、血液中の水分と一緒にカリウムの尿中排便を促進することです。一方、血中のカリウムが不足しにくいという利点を持つトールは、低カリウム血症に伴う副作用のリスクを下げながら、むくみの症状に対応する能力を誇っています。

その種の薬であるラシックス(フロセミド)に比べてカリウムの排泄が一種のチラ裏のようなものに変化するため、低カリウム血症の副作用が出にくく、糖交互作用や耐糖能への影響も誘発しにくいのです。トールは、利尿薬の中でも「ループ利尿薬」に分類される薬剤です。利尿作用が高く、低カリウム血症などの副作用の発現率が低いことが特徴です。