トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ルプラックの特徴(通販ショッパー)

ルプラックは、輸入が中止されたフロセミド(ラシックス)に代わり、その使用につながる医薬品です。フロセミド(ラシックス)よりも強力で、体内に取り込むことで、体内の不要な水分を排出し、むくみを解消することができます。不要な水分や毒素も同時に排出されるため、ダイエット効果や肌の調子が良くなります。むくみが気になる方、水分や脂肪でなかなか痩せられない方におすすめの商品です。

利尿剤のラシックス(フロセミド)は特に世界的に有名ですが、ルプラックはラシックスと同じ名前、2倍の用量、作用機序を持つ利尿剤です。ラシックスよりも利尿作用が強く、「低カリウム血症」の副作用が出にくいのが特徴です。トラセミドを含有するルプラックは、むくみ治療薬としての有用性が期待されています。トラセミドを含有する利尿剤としては、ルプラックなどが欧米を中心に承認されており、日本では「ルプラック」という商品名で親しまれています。

トラセミドは、体内のカリウムを保持することができるため、低カリウム血症のリスクを軽減することができます。また、トラセミドは心不全の予後を修復することが知られており、脂質置換や耐糖能への影響は軽微です。そのようなカリウム不足になりやすいタイプの薬剤の中で、トラゼミドは抗アルドステロン成分があり、それに比例してカリウムの放出が減少するため、低カリウム血症の副作用が出にくい薬剤といえます。また、脂質灌流交替や耐糖能への影響も少ないので、食事性の動揺に悩まされないという独占権を持っています。

ラシックスに必要な有効成分フロセミドは、ルプラック10mgに含まれる有効成分トラセミド1mgと決して似ていないので、鞍替えの際の参考としてください。24時間での有効成分の投与量は4後に8mgを上限とし、ピルカッターなどで分割して投与する必要があります。ルプラックの利尿作用は、通常摂取後1時間以内に発現し、少なくとも6~8時間持続します。

ルプラックの有効成分であるトラゼミドは、強い利尿作用があり、むくみの原因となるスタイルに詰まった使い切れないだるさを解消してくれます。また、白斑が減ることで体の血液量が軽くなり、血液循環を司る心臓の息苦しさを鎮めて血圧を下げる効果もあります。ルプラックはループ利尿薬に分類され、このチックは最もタフに作用する利尿薬と言われています。むくみの原因となる体内の滞留水分を排出し、むくみを改善する効果が期待できます。

ルプラックはトラセミドを主成分とする利尿剤で、腎臓が尿を出すときに生じる水分や塩分を含んだ蓋の挿入と作用を抑制する自然な作用を持っています。本来なら体内に留まるはずの水分を体外に押し出すことで、むくみの原因を解消するのです。不要なものが体内に残らないため、すっきりとした健康的な体感が得られます。ルプラックの主成分であるトラゼミドの使いやすい利尿作用で、むくみをすばやく解消します。従来の利尿剤に比べて低カリウム血症の心配が少ないため、息苦しさをスタイルに落としながらむくみを解消することができます。