ジスロマック500mg

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジスロマックの特徴(通販web窓ロ)

ジスロマックは、マイコプラズマ、クラミジア、インフルエンザ菌に対しても強固な抗菌力を発揮します。マクロライド系抗菌薬は静菌作用を示すことが知られていますが、ジスロマックは1回の大量投与で高い効果を発揮するため、静菌作用も期待できます。ジスロマックは、ファイザー社が販売するクラミジアや淋菌などの細菌による接触感染症に有効なマクロライド系抗生物質で、アジスロマイシン水和物を主成分とします。

ジスロマックは、日本では国際的な医薬品の所在地として有名なファイザー社が製造・販売しています。ファイザーは、アメリカ・ニューヨークに本社を置く製薬会社です。ジスロマックは、他の抗生物質にアレルギーのある購入者が使用するために優れています。また、病気の原因となる細菌にのみ作用するため、身体への影響が少なく、4、5日~2週間と回復が早いことも人気の理由です。

抗生物質は正しい方法で服用すれば効果的ですが、中途半端な服用はかえってマイナスになります。アレルギーを起こしにくいとされているため、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質にアレルギーがあり、薬を飲めなかった人もジスロマックなら理解できるはずです。クラミジアなどの細菌が原因で垣間見える接触感染症は、病気の原因となる細菌が接触感染部位でタンパク質と合成・蓄積することが動機となっています。症状は、患部の炎症と発熱が特徴です。

ジスロマックは、性病以外にも歯周病、呼吸器疾患、皮膚炎、泌尿生殖器相関と呼ばれるものなど、様々な症状で使用されなくなってきています。ジスロマックは、細菌の増殖を防ぐために使用され、その効果はすぐに症状に反映されます。1日1回3日間の服用で、7日から14日間、他のグループの薬と同じ効果が得られます。

細菌の増殖過程で期待されるのは、タンパク質の合成です。私たち現代人の体と同じように、細菌体もタンパク質を主成分としています。ジスロマックは、リボソームというタンパク質を生成する器官の働きを阻害する薬です。リボソームと結合することで、ジスロマックはその働きを鈍らせているのです。接触感染症は、体内に細菌が参加し、蓄積されることで発現します。特に淋病やクラミジアなどの性感染症は、性行為による接触で一方に感染するため、確実に細菌を破壊することが必要です。

呼吸器系の接触感染症、クラミジアや淋病などの性感染症(尿道炎、子宮頸管炎)、皮膚科、耳鼻科、歯科領域での意外性の高い、想定外の接触感染症の治療には、世界中でさまざまな製品が使用されています。1回の投与で10日間も有効性が変わらないという利点で良好な治療が可能であり、クラミジアの発症率は90.7%とされています。また、ジスロマックは抗菌作用だけでなく抗炎症作用を持つ目的で使用されており、抗炎症作用を期待しての使用も盛り上がりを見せています。