ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

フェミロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

トリキュラー21

 

 

 

 

 

マーベロンの特徴(通販ディビジョン)

マーベロンは、21錠すべてが同量の成分で構成される一相性に分類される低用量ピルです。ホルモンバランスの乱れからくるニキビや肌荒れ、更年期障害などを改善する力があり、低用量ピルの長期服用により骨粗しょう症の予防や薄毛予防にも効果があると言われています。

低用量ピルの主成分である少量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンを体内に入れることで、脳下垂体は女性ホルモンが十分に分泌された妊娠状態であると認識します。ネガティブフィードバックにより性腺刺激ホルモンが分泌されなくなり、卵胞の発育、排卵、子宮内膜の増殖が制限されます。排卵が起こらず、子宮内に卵子が存在しない場合、子宮内に卵子が入っても精子が受精する手段がないこともあり、妊娠を防ぐことができます。

マーベロンは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを一定量配合した経口避妊薬で、992名、14,088周期を対象とした臨床試験で、妊娠は1回のみでした。定期的かつ継続的に使用することで、99.9%という高い避妊効果を発揮する避妊具です。アンドロゲン活性を低下させることにより、ニキビやムダ毛の増加などの副作用が軽減されます。有効成分としてデソゲストレル0.15mg、エチニルエストラジオール0.03mgを配合し、避妊だけでなく生理痛がひどい方への効果も期待されています。また、子宮内膜症治療薬は、避妊以外の目的でも欠かさず服用されています。

マーベロンは避妊はもちろん、ニキビの治療に特に効果があると言われています。ホルモンバランスが崩れると、皮脂分泌を過剰にするアンドロゲン(男性ホルモン)が大量に作用し、ニキビができやすくなったり、肌荒れしやすくなったりします。低用量ピルを服用することで、ある程度の肌の透明感も期待できます。生理用品の中では最もポピュラーな薬の一つで、海外でも話題になることが多いようです。また、妊娠を希望していない女性や、毎月の月経の症状が重い女性には、産婦人科で処方されます。

服用すると、排卵を抑制し、子宮内膜の状態を変化させ、凝固しにくくし、精子や幼若の子宮内への侵入を防ぐことができます。また、ニキビの治療や脂肪の質を補う効果もわずかながらあり、その他にも女性に嬉しい効果がたくさんあります。マーベロンは第3世代の低用量ピルであり、効能を維持しながら主成分のかさをごく少量に抑えたため、従来の低用量ピルより副作用が少なくなっています。

有効成分を含む21錠すべてが、再びホルモンを量的に含むことを想定しています。服用期間中に錠剤を区分けする必要がなく、錠剤ごとにホルモン量が異なる三相性錠剤のような飲み忘れや飲み忘れの心配がない。ノベロンは、他国で製造された低用量ピル(経口避妊薬)です。日本を含む世界の医療機関で使用されている低用量ピルとして有名な「マーベロン」のジェネリック医薬品です。